不動産売買を上手く進める方法!

これから不動産を売買する予定がある人へ。事前に不動産売買について知っておく事をオススメします。
「少しでも高く買ってほしい」または「安く手に入れたい」と思うのであれば、ある程度の知識は必要です。

不動産を売却する際には査定項目がいくつかあります。
地域や建物の状態、部屋の数や間取り、そして近郊に何があるか、前面の道路の幅など細かくチェックされます。

個人で売却をする際の手順は、まずは自分で売却の広告を出します。それから購入したいという人が現れたら交渉を進めていきます。個人で売買が難しいと思う人は不動産会社などを利用するのがオススメです。

不動産会社を通して売る場合は、まず最初に物件の査定を不動産会社が行ってくれます。それから媒介契約を結んで、不動産会社や個人で売却する旨の広告を出します。
それから購入希望の人が現れたら売買契約を結びます。その際には宅地宅建取引主任者を交えて重要事項の説明を行ってくれるので、その後のトラブルは軽減されます。

物件が売れれば不動産会社へ媒介手数料を支払い、その残りが振り込まれる形になります。ほとんどの人が不動産会社を利用して売買を行っています。

みなさんも、不動産売買をお考えでしたら、ぜひ、以上をふまえて納得のいく売買契約を結んで下さい。

Posted in 不動産全般 | Leave a comment